HOME

なんとかしたい目の疲れ

目の疲れの原因と対策

つぼ

気軽に目の疲れを取りたいと思う人にはお勧めのつぼを紹介したいと思います。つぼは、身体のあらゆるところに関係しているので、目の疲れにももちろん効果のある部分があります。

ここでは、3箇所について紹介してみようと思います。まず一つ目は、晴明と呼ばれるつぼです。これは、眼頭の少し内側に存在しています。目の疲れが溜まっているときには、利き手の人差し指と親指で、鼻をつまむような感じで刺激してみるといいでしょう。

このときは、目を閉じながら行うと効果的なものになります。中には、何も知らずにこの部分を刺激している人も少なくはありません。二つ目は、風地と呼ばれる部分で、これは耳の少し下側、髪の毛の生え際付近にあります。両手の親指で左右同時に刺激してみてください。

息を吐きながら、10秒間を1セットとして、これを10セットくらい繰り返すようにしてみましょう。それから、三つ目が客主人と呼ばれている部分です。これは、目じりの少し外側に存在するものです。人差し指と中指を重ね合わせて刺激すると良いでしょう。

左右同時に、円を描くようにして刺激してみるといいでしょう。つぼは、簡単に自分で刺激することが出来るのですが、本当にここで大丈夫なのか、という部分で不安になることもあると思います。

刺激してみてもそれほど気持ちよくなかったり、疲れが取れるような気配がないこともあります。そのような場合には、専門家に診てもらうといいかもしれませんよ。

スポンサードリンク

目の疲れの基礎知識

目の疲れの原因と対策

症状との関係

目の病気について

薬やサプリメント

環境の見直し