HOME

なんとかしたい目の疲れ

目の疲れの原因と対策

目を休める

目の疲れをとる方法としては、マッサージやつぼ押しといった方法があります。また、定期的に目を休めることも必要になりますね。ここでは、また別の方法で、目の運動をすることにより疲れを取る方法について紹介してみようと思います。

まずは、運動というよりは簡単なリフレッシュについてです。目の疲れは、周辺の筋肉が凝り固まってしまっていることにより起こることがあります。そこで、筋肉をほぐしてあげられるように、目に力を入れて閉じてみてください。

これは、ほんの一瞬の動作なのですが、これだけでも疲れを取ることが可能です。目を休めることもいいのですが、目の疲れを取ろうと思ったら、こういった些細な動作でも十分なのです。時間が少しあるときには眼球運動も行ってあげましょう。

簡単なものなら、目をくるっと回してあげるだけでもいいのです。もう少し本格的に目の疲れをとる方法であれば、まず上を見てあげてください。そのあと、一度真正面を見直した後に斜め右上を見ましょう。

また真正面に戻して次は右、といった具合に、視線をぐるっと一周させてみてください。そのつど真正面を見るようにしてみてください。目の疲れというものは、日常で生活していくうえで、溜まっているのが当たり前になっている人が多いと思います。

しかし、疲れを取らずにいて、当たり前だと思っているとどんどん疲れも溜まっていきますし、視力も低下していきますので、十分に注意して、疲れはしっかりととってあげるようにしましょう。

スポンサードリンク

目の疲れの基礎知識

目の疲れの原因と対策

症状との関係

目の病気について

薬やサプリメント

環境の見直し