HOME

なんとかしたい目の疲れ

薬やサプリメント

ブルーベリーの効果

ブルーベリーは、目によい食べ物の代表として挙げられます。これは、視力の維持にも効果があるとされていて、目を酷使するような環境にある人にも、普段から目の疲れを取るために摂取している人も多いのではないかと思います。

この、ブルーベリーに含まれているアントシアニンという栄養素が目の疲れを予防して、改善させるという効果を持っているわけです。

ブルーベリーは、摂取してから4時間後には効果が見られるといわれています。ただし、24時間経過すると、その効果は消えてしまうといわれています。ですから、毎日摂取する必要があるのです。特に、パソコンを使用して仕事をする機会が多いと、毎日のように目を酷使しているような状況の人は少なくないと思います。

そのような場合でも、定期的に目を休める、それから必要な栄養素を摂取することによって目の疲れをためることのない生活習慣を身に着けることができるわけです。現代の生活習慣病として、目の疲れをあきらめてしまってはもったいないわけです。

目の疲れは、視力にも影響してきます。当然ですが、ブルーベリーだけで視力が回復するというわけではありません。これと併用して、普段から目を大切にする生活習慣も整えてあげることが重要になってきます。

パソコンに向かっての仕事が主になっている人は、1時間に1度は目を休めてあげるように習慣をつけてあげましょう。そのほか、マッサージを行ってみたり、アイパックなども使ってあげると更に効果が上がると思いますよ。

スポンサードリンク

目の疲れの基礎知識

目の疲れの原因と対策

症状との関係

目の病気について

薬やサプリメント

環境の見直し