HOME

なんとかしたい目の疲れ

薬やサプリメント

目薬の使用頻度

目の疲れを取るために、目薬を使っている人も多いと思います。日常的に目薬を使う場合には、注意しなければならない点があります。そのひとつとして、使用頻度があります。

目の疲れが慢性化している人も多いのですが、毎日のように疲れているからといって、一日に何回も目薬を使っている人がいます。実は、目薬は使用する回数が決まっているということを知っているでしょうか。中には、涙と同じ成分なので、一日に何回でもつかってもかまわないものもあります。

もしも目が異常に乾いてしまうドライアイなどが原因で、水分を頻繁に補いたいのであれば、何回使用しても問題ない成分のものを選んであげるようにしましょう。これが自分でわからないのであれば、薬局にいる薬剤師さんに相談してみるといいでしょう。気軽に教えてもらうことができると思います。

そして、目薬は一般的な対処法でしかないということも同時に覚えておきましょう。目の疲れが溜まっている場合においては、目薬を使うことによって疲れが解消されることはありません。

あくまでも一時しのぎのものであるということです。ですから、目薬だけで目の疲れを取るという考えは避けたほうがいいと思われます。それ以外にも、定期的に目の疲れを休めてみたり、マッサージをしてみたりするほうがいいと思います。

目を酷使する時代だからといって、安易に考えてはいけません。目は一生使い続ける大切な部分です。決して慢性化が当たり前という状況を作り出さないようにしましょう。

スポンサードリンク

目の疲れの基礎知識

目の疲れの原因と対策

症状との関係

目の病気について

薬やサプリメント

環境の見直し