HOME

なんとかしたい目の疲れ

目の疲れの基礎知識

原因はパソコンか

日常的に目の疲れを感じている人は、長い時間パソコンに向かっていることが多いです。確かに、パソコンに向かっている時間が長ければ長いほど目に疲れはたまりやすいと考えられます。

これは、同じ姿勢で、同じ距離のものを長い時間見ているということが大きな原因となっています。人間は、いろいろな筋肉を稼動させることにより身体のバランスを取っています。しかし、長い時間同じような姿勢をしていると、一部の筋肉が固まってしまって血流が悪くなってしまうのです。

一箇所の血流が悪くなってしまうと、それを補おうとして全身に負担をかけてしまうという結果になってしまうのです。それから、一定の距離を見続けることに関する影響です。

パソコンを使うときには、30センチから40センチくらいの感覚で画面を見るという人が多いのではないでしょうか。しかし、一点を凝視している時間は、テレビなどと比べてみると長いのではないでしょうか。

これでは、目の筋肉はあまり動かないので、目の疲れは溜まってしまっても無理はありません。日常生活の中でもパソコンに向かっている時間が多いという人は、定期的に目を休めるような努力をしましょう。

別に努力といっても、大したことをしなくてもいいのです。1時間に1回くらいは身体と目を休めるようにするだけでいいのです。どんなに忙しくても、これくらい出来る余裕はあるのではないかと思いますし、これだけでもパソコンに伴う目の疲れは改善できますよ。

スポンサードリンク

目の疲れの基礎知識

目の疲れの原因と対策

症状との関係

目の病気について

薬やサプリメント

環境の見直し