HOME

なんとかしたい目の疲れ

目の疲れの基礎知識

効果のある食べ物

健康的な身体の礎となっているのは、毎日の食事と運動です。運動ももちろんですが、とりあえず食べ物に注目して、目の疲れに効果があるとされるものの紹介をします。まずはビタミンAです。

これが不足してしまうと、暗い中で目がなかなか見えなくなる夜盲症という症状が出てしまうといいます。ビタミンAを多く含む食べ物として、うなぎやほうれんそう、そしてレバーのようなものを食べるようにするといいでしょう。

ただ、あまり食べ過ぎるのはよくありません。普通の食事からならまず問題はありませんが、サプリの飲みすぎには注意です。それから、ビタミンB1とB2です。これらが不足してしまうと、目の疲れに直に影響します。

この栄養素は、大豆などの豆類や、秋刀魚やさばといった魚に多く含まれているものです。若い人は魚が嫌いな場合が多いですが、苦手なものでも、調理方法を工夫することによっておいしく仕上がりますし、そもそも魚はおいしいものなのです。

それから、ビタミンCです。この栄養素は、ストレスからくる目の疲れを予防する効果があります。ビタミンCは、サツマイモやブロッコリー、そしてピーマンといったものに多く含まれています。緑黄色野菜などにも多く含まれていますので、そういったものを意識して食べるようにするといいでしょう。

ここで紹介した食べ物のほかにもまだまだたくさんのものがありますので、本当に目の疲れを緩和したいとおもうのであれば、一度調べてみるのがいいのではないでしょうか。

スポンサードリンク

目の疲れの基礎知識

目の疲れの原因と対策

症状との関係

目の病気について

薬やサプリメント

環境の見直し