HOME

なんとかしたい目の疲れ

目の疲れの基礎知識

視力低下の起きるわけ

以前よりも物が見えにくくなったということがあると思います。そんなときにはやはり視力が落ちたと感じると思います。生まれつきの近視や乱視である場合もありますが、時間と共に進行するものが、視力が低下してしまう原因であるといえるでしょう。

目が悪いといわれる日本人のほとんどは、近くはよく見える代わりに、遠くのものはほとんど見えないという近視です。

日本は、ほかの国や民族と比べてみても、近視になりやすいといわれていますが、その原因についてははっきりとはわかっていません。親からの遺伝であったり、生まれつきの要素が大きいとされる遺伝性説と、生活習慣、目の使い方、栄養バランスなどの日常生活に重点をおく環境説とに分かれます。

この二つの要素をあわせて近視が進行していくと思われます。生活習慣の割合が大きいとされていますが、実は近視の原因は遺伝的要素の占める割合が大きいとされています。

近視は、90%くらいの割合で親から子へと遺伝して、それに関連する遺伝子も見つかっているのです。また、近視の症状が進行しやすい時期のようなものもあります。子供の頃は視力はよかったのに関らず、思春期にさしあたった頃に視力が急激に落ちてしまいめがねをかけることになったということは結構ある話ですね。

近視を予防するための方法として、よく言われるのはあまり目を使わないで規則正しい生活を心がけるようにすることです。たとえば、長時間のパソコンの作業をしない、暗い場所では本を読まない、バランスのよい食事をする、といったものになります。

スポンサードリンク

目の疲れの基礎知識

目の疲れの原因と対策

症状との関係

目の病気について

薬やサプリメント

環境の見直し