HOME

なんとかしたい目の疲れ

目の疲れの基礎知識

症状

目の疲れによって出る症状は人によって様々なものがあります。毎日目がしょぼしょぼしているような人もいれば、頭痛、肩こりをはじめ、吐き気やめまいも伴うこともあります。

パソコンを毎日使った仕事をしている人に多く見られるものとしては、ドライアイという目が乾いてしまっている症状です。これらは、目の疲れが慢性化していることで起こる症状です。

もし、ちょっと目が疲れてしまっていると思うのであれば、早い段階で疲れをとってあげるようにしましょう。別に無理をする必要はないのです。仮に仕事中ならば、眉間を親指と人差し指で挟み込むようにしてつぼを刺激してみたり、力を入れて目を閉じたりするだけでも疲れを解消することが出来るのです。

そして、家にいて時間があるのであれば、温めたタオルを目に当ててみましょう。もしもそこまでも余裕がない場合は、入浴中に温まった手を目に当てるだけでもかまいません。しかし、こういった対策をとっても目の疲れが回復する気配がない場合は、眼科での受診をお勧めしたいと思います。

もしかしたら、目以外に原因があるのかもしれません。もしかしたら生活習慣病が原因となって目に疲れが生じているのかもしれませんね。ほとんどの病気においてもおなじことが言えるかもしれませんが、身体に何らかの異変が起きている場合は、まずはその原因をつきとめてあげなければなりません。

目の疲れといって甘く見ることのないようにして、目の疲れが改善されなければ、素直に専門医に診て貰うようにしましょう。

スポンサードリンク

目の疲れの基礎知識

目の疲れの原因と対策

症状との関係

目の病気について

薬やサプリメント

環境の見直し