HOME

なんとかしたい目の疲れ

環境の見直し

VDT症候群

目の疲れの大きな原因のひとつとしては、VDT症候群というものがあります。これは、ドライアイの原因のひとつともなっているのです。パソコン、携帯電話、ゲームと、私たちの目は常になにかのモニターを見ているといっても言い過ぎではないかと思います。

この状態が当たり前であることこそがVDT症候群の始まりなのです。こういったことから、平成14年から新しいVDT作業における労働衛生管理のためのガイドラインの策定について、というタイトルでガイドラインがホームページに公開されています。

この策定によって、健康な状態に目を保つこと、モニターを眺め続けてしまう生活において、身体や心の疲れを軽く出来るように、ひとつの作業に対して10分から15分程度の休憩を挟む、モニターから目を離すようにしましょう、といった薦めになります。

しかし、区切りのいいところで毎回ゲームや仕事が終わってくれればいいのですがが、なかなかそうはいきません。面白い番組やゲームであればあるほど、もう少しもう少し、ということで自分を自己主張してしまうようなケースになると思いますよ。

大体の場合、いろいろな誘惑やトラブルが発生することによって避けられないといった感じでしょうね。しかし、いつも区切りよく終わってくれればと思うのは誰にでもあることだと思います。

ですので、時間を決めたり、タイマーをセットしたりして、時間をい敷居して席を離れたり、目や身体を休めるようにしたいものですね。

スポンサードリンク

目の疲れの基礎知識

目の疲れの原因と対策

症状との関係

目の病気について

薬やサプリメント

環境の見直し