HOME

なんとかしたい目の疲れ

環境の見直し

ドライアイについて

今では一般的な言葉となっているドライアイですが、詳しい仕組みを知っているでしょうか。ドライアイは、単なる目の乾燥というわけではありません。病気の症状のことを指します。

軽く見逃すことをせずに、思い当たる節があるのであれば、すぐにでも病院にいくことをお勧めします。特に、仕事であったり、人よりもパソコンに向かうことが多い人であれば、涙の補給を促す役目を持っている瞬きが減ってしまっていることが多く、ドライアイになりやすいので注意することが必要です。

目は通常は涙の膜に覆われていて、乾かないように守られているのですが、この涙が減ってしまってうまく涙が供給されないドライアイと、涙を保つ目の組織に異常が発生して涙の膜へ穴の開いた状態が起こることにより、涙が蒸発しやすい状態になっているドライアイとがあります。

こういった状態のように、涙の量や質を正しく保つことが出来ずにいると、重要な目の組織である角膜や結膜といった部分へ傷が付きやすくなってしまうのです。

ドライアイの症状は、疲れ目とよく似たところがあります。目のかすみや赤み、かゆみを感じたら目が疲れているのかもしれませんが、ドライアイも疑うようにしてみてください。また、瞬きをせずに10秒以上目をあけていられない場合は、涙の分泌が低下することによるドライアイを引き起こしている可能性があります。

もしも、ドライアイかもしれないと思ったら、まずは病院に行って正しい診断を受けるようにしましょう。

スポンサードリンク

目の疲れの基礎知識

目の疲れの原因と対策

症状との関係

目の病気について

薬やサプリメント

環境の見直し