HOME

なんとかしたい目の疲れ

環境の見直し

めがねやコンタクトの度数

めがねやコンタクトなどを使って視力の矯正をしている人も多いと思います。しかし、作ったきりで度数をあわせないままにしていると、目の疲れ、視力の低下によって、めがねやコンタクトを作ったときの状態との違いが生じてきます。

そうなると見えづらくなってしまったり、目が疲れてしまうということもあります。特に、コンタクトの人は目が乾燥しやすいので、目薬をこまめにさしてあげたり、湿度にも注意してあげるようにしましょう。

特に直接レンズを入れるコンタクトは目が疲れやすいものです。つけっぱなしでも大丈夫なタイプのものでも、寝る前にはレンズをはずしてあげるなどといった工夫をしてあげることが大切です。めがねであれば、広い視界を確保できるようなフレームにしたり、ふち無しのめがねにしてあげるといいと思います。

また、パソコンを使っているほとんどのひとが、出かける場合にかけるめがねと別に、近くのモニターを見るのに適した視力や矯正効果のあるめがねを作るといいでしょう。

近いものを見るのには視力はあまり必要ないからです。最近では、パソコンの仕事に適している、視界が開けて見えるめがねも販売されていますので、ぜひともお店に問い合わせてみてください。目に対してみえづらいといった負担を感じたら、めがねやコンタクトの度数を見直して、調整をかけてあげましょう。

ピントが合って視界が変わるだけでも、ものの見え方、そして目の疲れもかなり変わってくることかと思います。

スポンサードリンク

目の疲れの基礎知識

目の疲れの原因と対策

症状との関係

目の病気について

薬やサプリメント

環境の見直し