HOME

なんとかしたい目の疲れ

環境の見直し

モニターの明るさ

パソコンをやっている人にとって、モニターから出る光は目の疲れを誘発します。そもそも、意外と明るさや光の設定は忘れられていることが多く、パソコンを買ったときのまま使っている人も多いと思いますが、室内の明るさとのバランスを整えてあげるだけで、目の疲れはぐっと軽くなります。

室内の明かりや太陽光がモニターに映る現象はグレアというのですが、こうなるととても画面がみづらくなるので目の負担になってしまいます。

そのために、移りこないような場所にパソコンを置いてみたり、カーテンを閉めたりといった工夫をしてあげましょう。モニターそのものにグレアが起こりやすい、ノングレア加工をしたものも発売されています。

モニターの明るさの調節は、機種によってさまざまなのですが、買ったままの状態だと、画面の明るさが最大になっていることが多いといった感じです。かなりまぶしくて明るいと思えるはずですので、思い切り下げてあげるとよいでしょう。

かなり明るさが変わって、目に対する負担が減ると思います。デスクトップでもノートでも、簡単に設定を変更することが出来ますので、ぜひともいじってあげてください。

明るすぎるモニターをずっと見ていると、目の疲れだけでなく、精神的に悪い影響が出たり、身体にも疲れが出やすいといわれています。こういった症状は、パソコンを使うこと自体にも影響を及ぼします。設定が簡単でとても効果が高い方法ですので、ぜひとも実践してほしいもののひとつですね。

スポンサードリンク

目の疲れの基礎知識

目の疲れの原因と対策

症状との関係

目の病気について

薬やサプリメント

環境の見直し