HOME

なんとかしたい目の疲れ

環境の見直し

作業環境を変える

VDT作業を行う場所も、環境を整えてあげることで目の疲れを和らげることが出来ます。特に、一年中エアコンが効いているオフィスや室内では、乾燥しすぎに注意することが大切になってきます。

たとえば、加湿器をつけたり、エアコンの風が直に当たらないような場所を選択してあげることで、目の乾燥を防いであげましょう。また、室内の証明が暗すぎても明るすぎても目の疲れに直結します。

映り込みが起こりにくくて、スポットライトのような一部分を照らすようなものでなく、均一に明るくなるような照明をお勧めします。間接照明などを上手に使ってあげることで、まぶしくなりすぎず、ものが見やすい環境を作って、快適なVDT作業を行えるようにしたいものです。

座ったままの姿勢で長時間いることが多いような作業においては、血流が滞ってしまいやすいものです。これは、目の疲れや、身体の冷えや肩こり、更には頭痛といったものの大きな原因となるものです。目を酷使する作業からくる視神経の疲れは、身体への影響が大きいとされています。

ですので、適切な休憩とストレッチなどをして予防してあげることで、目の疲れや、身体全体の不調も改善できます。仕事や作業を進めていると、だんだんイライラしてきたり、ストレスを感じるという人もいるかと思います。このイライラやストレスの原因はVDT作業からきているといわれています。

人間の集中力は長時間持つことはありません。疲れを感じたら、モニターの明るさを調整することで、目の疲労感やストレスを減らしてあげるようにしましょう。

スポンサードリンク

目の疲れの基礎知識

目の疲れの原因と対策

症状との関係

目の病気について

薬やサプリメント

環境の見直し