HOME

なんとかしたい目の疲れ

症状との関係

いろいろな病気

目の疲れは、しっかりと目を休ませてあげるだけでも解消させることができます。毎日の仕事がパソコンに一日中向かうような場合でも、1時間に一度の休憩をいれるだけで目の疲れをかなり解消させられます。

しかし、別に問題ないとこの症状を放っておいてしまうと、そこから別の病気になってしまうこともあります。代表的なものは、頭痛や肩こり、そしてめまいになりますが、中には異常なほど目が乾くドライアイになる場合もあります。

このような別の症状にまで発展すると、少し治療に時間がかかってしまうことになります。逆に、目の疲れはなにかしらの病気を伝えるサインになっていることもあります。例えば多くは目に影響を与えるものとして、生活習慣病といわれるものがあります。身近なものとして、糖尿病や高血圧といった病気は、目にも何かしらの影響が出る場合もあります。

これらの症状は慢性化することも多いため、定期健診を受けていないなどは、いつの間にか症状が進行してしまっていたということもあるわけです。いつまでも身体が悲鳴をあげているのに聞こえない。そんな状態に耐えかねて、サインとして、身体が目の疲れを発することもあるのです。

病気というと、どこか内臓関係が痛む印象があります。しかし、そのサインを現すのは目も同じことなのです。時には、精神的な病である場合もあります。うつ病までいかなくても、ストレスによって目の疲れが発生する場合も少なくありません。

この状態を放っておくと自律神経に無理が生じ、重い精神病につながる可能性もあります。目だけの症状と甘く見ずに、きちんと治療を行いましょう。

スポンサードリンク

目の疲れの基礎知識

目の疲れの原因と対策

症状との関係

目の病気について

薬やサプリメント

環境の見直し