HOME

なんとかしたい目の疲れ

症状との関係

肩こり

一日中机に向かってパソコンをいじって仕事をしているという人は、目の疲れと肩こりの両方に悩まされていることもあると思います。これは、目の疲れが原因で起こっている場合と、同じ姿勢を長時間続けていることによって起こっている場合があります。

まずは、このどちらが原因であるかを判断することが大切になります。目の疲れ、身体の疲れをとっても症状が改善されないのであれば、しっかりと専門医による診断を受けたほうがいいのかもしれません。

肩こりなどの症状は、身体のどこかに異常が起こっていますというサインになっていることあるからです。別にそこまで重い症状でなければ、一日身体を休めてあげるだけでも症状は十分に改善されます。その後も、定期的に身体や目を休めてあげることができるのであれば、そこまで深刻な悩みに発展することはないと思います。

目の疲れは、一時間に一度、目を休めてあげるだけでもずいぶんと違ってくるものです。一日中目を酷使するような仕事であったとしても、定期的に休みをとってあげることをするだけでも、その都度リフレッシュできるというわけです。

肩こりを併発している場合であれば、目を休めるだけではなく、定期的に身体を少しでもいいので動かしてあげるようにするといいと思います。身体を動かすといっても、ちょっと伸びてみたり、散歩がてらに少し歩いたりするだけでもいいのです。

このようなちょっとした動作によって、目の疲れや周りの筋肉をほぐしてくれたりするのです。

スポンサードリンク

目の疲れの基礎知識

目の疲れの原因と対策

症状との関係

目の病気について

薬やサプリメント

環境の見直し