HOME

なんとかしたい目の疲れ

症状との関係

吐き気

目の疲れは現代社会であれば誰にでも起こること、といって軽く見てしまってはいけません。それは、目の問題だけには留まらず、頭痛や肩こり、それに吐き気まで引き起こすこともあります。単なる目の疲れだけのはずなのに、どうしてそんなに影響があるのでしょうか。

実は、目を過度に使用することによって筋肉と自律神経が乱れてしまいます。この二つに影響が出ることにより血流が悪くなります。そして、身体全体が血流をよくしようと活発に動き始めることによって身体全体の負担が増してしまいます。

結果的に頭痛や肩こりが起こったり、吐き気ももよおすことになるのです。目の疲れによるものと原因がわかっているのであれば、目もそうですが、全身をリラックスさせてあげることで症状の改善をしてあげることができます。

仕事が忙しいのでリラックスする時間がなかなかないというのであれば、仕事中に一時間に一度でもいいので、目と身体を休ませるようにしてあげましょう。

例えば、腕を上に伸ばして背筋を伸ばしてあげるだけでもかまいません。目の筋肉をほぐせるように、一度目を強く閉じた後、手を目に当てて温めるだけでもいいわけです。こういったことをちょっとしてあげるだけでも、目の疲れと一緒に吐き気などの重い症状も改善されていくと思います。

もしもこういったことに気をつけていたとしても症状が続く場合は、目の疲れ以外が原因である場合がありますので、一度専門医に見てもらうようにしたほうがいいと思います。

スポンサードリンク

目の疲れの基礎知識

目の疲れの原因と対策

症状との関係

目の病気について

薬やサプリメント

環境の見直し