HOME

なんとかしたい目の疲れ

症状との関係

目の疲れと頭痛

目の疲れが慢性化してしまっている人の仲には、頭痛を一緒に持っているという人も珍しくはありません。目に疲れをためてしまっていることによって神経が疲れてしまっていて、それが頭に対しての影響を及ぼしてしまっているというわけです。

そのような症状になっている場合は、目の周りを冷やしてあげると効果的だといわれています。冷やすといっても、氷水などを使って本格的に冷やすような必要はありません。たとえば、冷たいのみもを買ったときに、それを目の周りに当ててあげたり、水で手を洗ったあと、その手を目に当てたりするだけで十分なのです。

これは、一日中パソコンを使って仕事をしているひとに多く見られる症状で、同時に肩こりも持っているということも少なくはありません。

もしも心当たりがあるのであれば、目の疲れを取ったり、頭痛に効果的なことをしてあげるだけでなく、全身をリラックスすることで症状を改善することができる可能性があります。

たとえば、ゆっくりとお風呂に入る時間がある場合には、あったかいお湯にじっくりとつかる習慣を身に着けるといいでしょう。そんな余裕がないのであれば、睡眠中に合いパックをしてあげるといいでしょう。これは、目の疲れを取ってあげることができるのはもちろんのことですが、身体全体をリラックスさせてあげることで、頭痛の解消にもなるのです。

目の疲れに限らず、頭痛を伴う症状は、神経の疲れが影響していることがありますので、まずは心を休ませる時間を作ってあげることが大切です。

スポンサードリンク

目の疲れの基礎知識

目の疲れの原因と対策

症状との関係

目の病気について

薬やサプリメント

環境の見直し