HOME

なんとかしたい目の疲れ

症状との関係

はやり目について

学校でのプールのあと、目の様子が気になったので病院で診察を受けたら結膜炎といわれてしまった、という経験がある人は結構いるのではないかと思います。学校のプールで感染しやすいものは、流行性角結膜炎というものです。

これは一般的にははやり目といわれているものです。原因は風邪の元になるアデノウィルスというものです。朝起きてみたら目やにがびっしり目に付いていて、目が開けられないくらいになっているという症状もあります。目が赤くなっていて、痛みを感じたり、まぶたがはれていることが確認できるのであればすぐに病院にいきましょう。

それから、十分な休養が大切です。この病気で厄介なことは感染力がとても強いことです。角結膜炎の目を触った手を違う人が触れた場合はほぼ確実に伝染してしまいます。ですので、学校などは休む必要があります。必要以外に外出するのも避けましょう。プールで感染しやすいのは、菌を持っている人と同じ水に入ることで菌に感染してしまうことです。

対策としては、とにかく菌が他の人に移らないように、使うもの触れるもの全てを分けてあげることが必要になります。当然ですがお風呂は最後に入るようにしましょう。

これは、年齢に関係なく感染してしまう病気なのですが、特にプールなどの時期、夏場に感染しやすい病気です。子供や赤ちゃんなどには激しい症状が出ることもありますので、気をつけてあげましょう。

目の疲れが感染の原因になることもありますので、しっかりと疲れはとってあげるようにしておきましょう。

スポンサードリンク

目の疲れの基礎知識

目の疲れの原因と対策

症状との関係

目の病気について

薬やサプリメント

環境の見直し