HOME

なんとかしたい目の疲れ

症状との関係

糖尿病路と目の症状

糖尿病になってしまう人は年々増加の傾向にあります。糖尿病は、進行していくうちにいろいろな合併症を起こすことがある病気なのですが、目に影響のある網膜症というものがあります。

目で見たものを映し出す網膜の部分には、糖尿病によって糖分が含まれている状態の血液が通うことによって、毛細血管を詰まらせてしまうことによって網膜に支障を行き足してしまいます。

網膜症の末期段階にあたる緑内障、白内障なども糖尿病からの派生によって起こることがあります。角膜障害を引き起こす角膜賞、眼球が動かなくなる、眼筋麻痺といった症状を引き起こすこともあります。

糖尿病の初期段階においては、特に生活には支障もなくて、目の症状に対する自覚もないために、検査をせずに過ごす人も多いといわれています。しかし、水面下で症状が進んでしまうことによって、自分でも気が付かないうちに危険な状態になっていたということも少なくはありません。

日本人の成人の失明原因のトップになっているのは、糖尿病からくる失明といった統計も出ているくらいです。糖尿病の前段階、または糖尿病になっていることがわかった段階で、目の状態を把握しておくことは重要なことです。また、糖尿病は、血統コントロールによって治療が可能であり、それにより症状の進行に大きな差が生まれます。

バランスのよい食事、運動などの糖尿病改善のための努力をしっかりと行うことを忘れずにいましょう。それとあわせて、目の精密検査はわすれずに受けるようにしておきましょう。

スポンサードリンク

目の疲れの基礎知識

目の疲れの原因と対策

症状との関係

目の病気について

薬やサプリメント

環境の見直し