HOME

なんとかしたい目の疲れ

目の病気について

老化での目の衰え

老化現象は誰にでも起こるものですが、それによる病気の代表格が白内障です。これは、老化によって目の中の水晶体がたんぱく質でにごってしまい、物が見えにくくなるといった病気です。輪郭は判別できるものの、全体的にかすんで見えてしまい、ものが見えづらかったり、まぶしさを伴う症状が起こります。

白内障の治療方法は、直接目の手術をすることですが、初期であれば点眼薬で様子を見るケースが多いです。この際、自分でやる対策として、抗酸化作用が高いルテインを積極的に摂ることで症状の改善を期待することが出来るといわれています。

それに対して、緑内障は視野が狭くなってものが見えにくくなる病気です。ゆっくりと進行していく病気ですので、自覚症状を感じることもあまりなく、いつの間にか症状が進行してしまっていることが多い病気です。

眼圧が上昇すると、この病気の危険性が指摘されます。最悪のケースとしては失明する可能性もあります。緑内障は、日本人に多い病気といわれています。自分では気が付きにくい病気ですが、とにかく早期発見が重要ですので、定期的に眼科での検診をうけることが非常に重要になります。

治療法として、レーザー治療、点眼薬、手術といったものが考えられます。検査では、視力に加えて、眼圧、眼底の検査、それに視野の状態なども調べてもらうといいでしょう。

身体の不調がなくても、しっかりと検査を受けることによって早期に治療することが出来れば、目の疲れに悩まされることもなくなるのではないかと思います。

スポンサードリンク

目の疲れの基礎知識

目の疲れの原因と対策

症状との関係

目の病気について

薬やサプリメント

環境の見直し